主婦のお小遣い

パン屋巡りが趣味の主婦B子です。色々なパン屋さんを紹介したいと思います。そんな私ですが、自分のお小遣いはあってないようなものだと思います。

その理由は、例えば今月少し余裕があるなと感じても、そのお金で真っ先に自分の物を買おうとは思わないからです。
今月の分よ、使いなさいって渡されるわけではないし、常に家族の物で買わなくてはいけないなと思うものがあってそちらにお金が流れていきます。

日常的に目を見張っていて、次は買っておいてあげようと思うものが次から次へとあるからです。特に子どもの物は服でも靴下でもよく汚れたり、破れたりしますしサイズアウトしなくても捨てようか、買ってあげようかと悩みながらくらしています。

また、子どもがいると文房具だったりお菓子だったりと買わなくてはいけないものがたくさんあって、それを規制しながら生活していることもあり、もしも浮いたお金が出来れば家族の為に使うことがすぐ頭に浮かぶのです。

なので、たまに行く美容院代やたまに買うお洋服で十分満足感を得られているために特別にお小遣いをいくらと設ける必要性もないと感じていることもあります。

それから、お化粧品やパンストなんかの必要品などは普段のお買い物で購入する為に特に自分の勘定と分けたりしないので、その部分も特にお小遣いからと区分分けされてるわけではありません。一緒に日用品の中の必需品として購入しています。

もしも、お小遣いとして使っている内訳があるとすると、年に一度か二度ほどの昔からの友達と行くランチなどかそれに当たるのでしょうが、本当にそのくらいしかありません。

行楽地などで使うお金などは家族みんなで行動するので、全て主人の財布から出してもらっています。

自営業ならではなのかもしれませんが、会計のこともあって主人に任せてあるので、そこに関与していないから特別なのかもしれませんが。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です